• « 2017⁄06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

オススメ英語本~TOEICの語彙,リーディング,リスニング対策

 私はこれまでTOEICを2回受験したことになるのですが,急にどうして受験しようと思ったのか?

 高校3年生の頃は,大学受験のため英語の語彙と文法を中心に勉強していましたが,学部生の頃はほとんど英語に触れない生活を送っていました。TOEICの存在を知ってはいたものの,「そういう英語の試験は,英語の得意な人専用の試験なんだろ?自分には関係ない!」と思って,お金を払ってまで受験しようとも考えませんでした。実際,18歳以降に受験した英語関連の試験は大学院入試の英語くらいでした。
 では,ここにきて私がなぜ急にTOEICを受験し始めたのかって?それは,偶然ネットサーフィン中に神崎正哉先生のTOEIC Blitz Blogに出会ったからです。当時大学院生の私は,英語論文を読むことに苦しめられており,英語力を付けたいと思っていた頃です。そこで,英語学習のきっかけになればと,TOEICに挑戦してみようと思ったわけです。しかし,ほとんど対策せずに受験した初TOEICの結果はひどいものでした。単語も文法もまったく忘れていた状態でしたから。
 あれから約半年,数冊のTOEIC対策本を購入し,現在も学習を継続中です。その中でもみなさんにオススメしたい一冊があります。それは,

「新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義」です。

 amazonでは↓
新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義 [CD付]新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義 [CD付]
(2007/04/25)
神崎 正哉

商品詳細を見る

 この本(通称:『ウーゴ』)は,TOEICに欠かせない語彙力の増強だけではなく,リスニング,リーディングなど総合的な英語力を伸ばしたい方にもお勧めです。最初の1冊,最後の1冊,試験直前の1冊でもあり,長く愛用できる1冊となっています。しかも,ここからがすごいのですが,この本には何と著者の神崎正哉先生じきじきの講義&音声レッスンが付いております。音声レッスンはこだわりの教材で,もう予備校に行かなくてもいいんじゃないかってくらい充実しています。Unit88までひととおり終えたことで,この本を10回繰り返したことになるわけです(言っている意味が分からない方は是非体験してみてください)。さらに,アメリカ人、イギリス人のナレーターが交互に例文を朗読しているので,それぞれの発音の特徴を知ることもできます。

 偉そうに書いてきましたが,まだ私はウーゴ学習途中です。極めたわけではありません。でも,極めれば必ず力になる要素のつまった本であることは間違いありません。その証拠に,直近の141回TOEICでもかなり同じような表現が出題されていました。こうしてオススメしすぎると,引いてしまう方もいるかもしれないですが,本当にこの1冊は学習には効率的であると思います。
 ウーゴの著者である神崎正哉先生は,TOEICを知り尽くした方で,これまで990点を17回もとっているんです(今月のAERA Englishに神崎正哉先生と中村澄子先生の対談が掲載されています)。実際の先生は,飄々とした雰囲気を持ちながら,英語教育への情熱を秘めた素敵な方です。
 私は,まだまだ英語学習のスタートラインに立ったばかりです。しかし,これから高みを目指す楽しみがあるということで,恵まれていると思っています。他人と競争するのではなく,自分の力を高めるというのは,好きなことなのです。その結果,TOIECの点数も上がっていけば良いかな…くらいに考えています。その最良のパートナーは,このウーゴになることは間違いなさそうです。
20:04 : 書籍や音楽など趣味関係トラックバック(0)  コメント(3)

神崎正哉

ウーゴの紹介記事を書いていただき、ありがとうございます。
地道な努力が必ずスコアアップにつながります。
がんばってくださいね。

2008/10/03(金) 00:01:41 | URL

44

へぇ(・ω・`)
そんな本があるんですね。

実際、TOEICとかの対策の本って多すぎてどれがいいのか分からないことが多いです(´~`;)
こんな風に明確に利点を書いてもらえるとありがたいです。
僕もいずれTOEICは受けないといけないかなと思ってるんで。

2008/10/03(金) 10:42:26 | URL

asad

>神崎先生

 ウーゴ良いですね。最近,音声レッスンの威力を知りました!agreeableが天気に使えるということを知っていれば…。141回のTOEICにも出てましたよね!?こりゃ,ウーゴやらなきゃ損ですね。これからTOEICを受験する人には,ウーゴと公式問題集だけで充分なのではないかと思いました。

>44さん

 44さんコメントありがとうございます。そして大学院合格オメデトウございます。数学専攻ってストイックな感じがして憧れます。ぜひ頑張ってください。
 TOEICを受験されるのですか?院に入ると英語の論文を読んだり書いたりする機会が増えるはずなので,実力を測る目的でTOEICを受けていくことをオススメします。この『新TOEICTESTウルトラ語彙力主義』は良いですよ。
 私はまだまだ点数が低いので,これから地道に勉強していこうと思っています。

2008/10/04(土) 00:49:55 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。