• « 2017⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

投稿論文のゆくえと合格発表のお知らせ

 本日,昨年夏に投稿した論文が半年振りに戻ってきました。いただいた結果は,どうにかこうにか「修正採択」となりました。

 投稿したのは小さな国内の学会誌ですが,私にとって初めての投稿だったので,とても良い経験になりました。なかなか返事がなくてやきもきしておりましたが,忘れた頃にお返事が来たので,昔のクラスメイトから手紙が来たけれど名前を見てもその顔をなかなか思い出せないという状況に似た感覚に陥りました。
 
 今回投稿したのは,2校目の修士論文のうちの第1研究でした。というわけで,まだあと第2研究や1校目の修士論文などを残していますので,この調子で今後も投稿を続けていこうと思います。取りあえず,ひと段落です。

 さて今日は,同僚の合格発表日でした。同僚とは職場の事務を担当している女性で,昨年4月にうちの上司から,空いている時間であれば医学部の勉強をしても良いという許可をもらって採用されたのです。毎日,お仕事をスムーズにやっていただきながらも,自分でコツコツ勉強していました。その頑張る姿を常に近くでみていたので,きっと大丈夫だろうと思っていましたが,やはり発表までは分からなかったので,今日の発表のまでは私も緊張していました。
 
 結果は,無事に合格していました!その瞬間は職場が歓喜に包まれました。情熱を絶やさず夢を諦めずに努力し続けた彼女を尊敬しています。結果ではなく,その過程も一緒に過ごせたことがまた嬉しかったです。今月で仕事を離れてしまうのはさびしいですが,数年後一人前の医師として関東に戻ってきてくれることが楽しみです。

 というわけで,ここのところ花粉症以外は良いことばかりですね。
00:33 : 心理学の研究関係トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。