• « 2017⁄06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

今日はシンポジウムに行ってきます。

 今日は午後からシンポジウムに行ってこうようと思っています。

 興味があるのは「読み書きが苦手な子に対する文字の読み書き指導」というテーマのみ。それだけ聞きに行ってきます!

 神経疾患研究の最前線2008
12:50 : 心理学の研究関係トラックバック(0)  コメント(2)

新東京都民

asadさん、
なかなか興味深いシンポジウムですね!
もし感想があれば聞かせてくださいね。


Tommy

2008/11/03(月) 11:53:01 | URL

asad

Tommyさん
 
 週末はシンポジウムに行ってきました。半日ある「神経疾患」についてのシンポジウムでしたが,私が聞きたかったのは,Dyslexiaという特異的な読字障害,書字障害について40分ほどの講演でした。
 Dyslexiaは発達の過程で文字の読み書きに障害を示す疾患単位で,日本人よりも欧米人の方が多いということでした。
 私はアスペルガー障害,自閉症などの自閉症,ADHDについては仕事で関わっているためそれなりに分かっているつもりですが,LDやDyslexiaについてはこれまでクライエントを持ったことが無かったのであまりよく分かっていませんでした。短い時間でしたが,Dyslexiaの神経基盤など最近の研究動向や新しい指導方法などについて知ることができ,とても有意義な講演でした。
 Dyslexiaは奥が深いなと思いました。

2008/11/04(火) 23:15:14 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。